読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内臓疾患と鍼灸

古来五臓とは心臓・肺臓・肝臓・脾臓膵臓)・腎臓を、六腑とは胃・小腸・大腸・胆のう・膀胱・三焦(さんしょう 消化器系全体)を指しますが、それぞれの臓腑からは手足に経絡が出、又胸や腹部には診断穴(募穴-ぼけつ-という)が、背中には治療穴(兪穴-ゆけつ-という)があります。

臓腑に障害が生じると経絡や募穴・兪穴にコリや圧痛などの反応が出、またそこを治療すると臓腑を良くすることが出来ます。古来から養生灸のツボとして有名な足の三里(さんり)は胃経に、手の曲池(きょくち)は大腸経に所属し、胃腸を丈夫にします。

f:id:Root1_Atsushi_Saito:20170315084904j:plain