女性と子供の鍼灸

女性と子供の鍼灸
女性は内分泌ホルモンの影響を受けやすく、生理痛、頭痛、のぼせ、肌荒れなどの症状で悩みがちです。

美容と健康のためにも普段から三陰交と呼ばれるツボにお灸をする事をお勧めいたします。 

子供は生命力が旺盛である分、ちょっとしたストレスにも過敏に反応し、夜泣き、夜尿、下痢、発熱など自律神経を乱しがちです。

おなかや背中に軽く接触する程度の鍼がとても効果的です。

f:id:Root1_Atsushi_Saito:20170304130442j:plain