ルート養生十灸穴

4.至陰(足の太陽膀胱経)
足の小指外側、爪の生え際にあります。太陽とは後面(背側)を指す言葉で先の陽明と正反対の部位です。(ちなみに少陽はその中間、体の側面を指します)膀胱経は至陰から始まって、ふくらはぎ、膝の裏、お尻、腰、背中、肩、項、頭、目に行き、内部では膀胱、腎臓に行っています。至陰の灸はこれらの部位を和らげる力があります。至陰とは陰部(体の深いところ)に至るという意味で、それ故逆子の特効穴にもなっています。

f:id:Root1_Atsushi_Saito:20170210125957g:plain