ルート養生十灸穴

2.足の三里(足の陽明胃経)
膝の下三寸(1寸は2cm程)にある有名なツボですが、取穴するのが意外に難しいものです。足のすね(脛骨)の上方外側で、強く押すと前脛骨筋のスジに触れ響く所です。足の陽明胃経は足の第2指、膝、股関節、胃腸、乳房、首、顔、前頭を通っていて、三里はそれらの部位の血行を良くします。吉田兼好(1300年頃)は「徒然草」の中で「四十以後の人、身に灸を加へて三里を焼かざれば、上気の事あり。必ず灸すべし。」(148段)と書いています。「上気」とは気が上に昇って滞ることで、肩コリ、口・歯・鼻・目の炎症、更には脳卒中を指します。その他三里の灸は足が軽くなり、胃腸もスッキリします。

f:id:Root1_Atsushi_Saito:20170207094353g:plain