肩凝りと上肢疾患

上肢に行く神経は、頚椎から出て肩を通っているため、肩凝りは上肢疾患(しびれ、冷え、可動制限、等)を引き起こします。腕に症状が出ていても、肩や首の治療を優先的にする事が大切になります。(例えば、鞭打ち症、頚腕症候群、腕の神経痛など)

f:id:Root1_Atsushi_Saito:20170125090251g:plain