読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩凝りと頭部疾患

 肩凝りは首や頭部の凝りを誘発し、目、耳、鼻、歯、顔面、咽喉、脳、等の頭部や顔面の疾患をもたらします。例えば、耳鳴り、慢性頭痛、めまい、メニエール病三叉神経痛、抹消性顔面麻痺、鼻炎、眼痛、甲状腺の疾患等は、いずれも局所の治療だけでは治りにくく、肩凝りの改善が必須条件となります。また反対に、頭部や顔面部の疾患、例えば歯痛、目の疲れ、脳疾患…から肩凝りを引き起こす事もあり、局所と全体の両方から治療をしていくことが必要となります。

f:id:Root1_Atsushi_Saito:20170123095241g:plain